面接

面接でお金の話は厳禁?現役面接官がぶった切ります!

ども、ゴマちゃんです!

 

 

面接では「お金の話」や「待遇の話」は厳禁だ!

 

そんな言葉を耳にしたことはありませんか?

 

この言葉の理由としてよく言われているのが、
印象が良くないから
だと思います。

 

しかし、これは決して一概には言えないと考えています。
むしろ、「お金の話は厳禁」という言葉だけが独り歩きし、
多くの人が就職・転職で失敗する要因にもなっていると感じます。

 

「お金」や「待遇」について話をしておかないと、採用される側にとっても、採用する側にとっても、両者にとって不利益を被る結果になりやすいです。

 

面接において「お金」の話をすることが、
なぜ重要なのかを少しでも感じて頂ければ幸いです!

採用する側からの視点

あくまでもこれは私個人の考えですが、
「お金の話をしない人」や、こちらがお金の話を振っても「曖昧な答えしかしない人」は、あまり良い印象ではありません。

というか私は雇わん

 

なぜなら以下3つの理由があると感じるからです。

  • 自分の意見を言えない(能力が低い、自信がない)
  • 人生や仕事に本気で向き合っていない
  • 腹を割っていない

特に「意見の言えない人」「自信のない人」という印象で、
総じて「能力が低い人」となります。

 

お金の話をしない人は、深層心理で
「雇ってもらえるだけでラッキー」という思いがあり、
「給料は神頼み」みたいに思っている人が多いと感じます。

<strong>ミキちゃん</strong>“></div>
<div class=ミキちゃん
頼む!高い給料であれ!!

 

『面接』は、「面接官のご機嫌取りの場」でもありませんし、
『給料』は、「ガチャ」でも「おみくじ」でもありません

 

『面接』は、「自分を売り込む営業の場」であり、
『給料』は、「あなたと採用側の同意額」です。

 

相手のご機嫌ばかりをうかがい、
相手の言い値ばかりで商品やサービスを提供している会社なんて一瞬で潰れますよね?
それと同じです。

 

面接では面接官の機嫌取りなんかしなくていい。相手の言い値で自分を売ってはいけない。あなたが潰れてしまいます。

 

しっかりと自分を売り込んでください。
日本人は「営業」「交渉」を「いやらしい」という風に考える風潮があるように思います。

むしろカッコいいだろ

 

変なプライドなのかどうかは知りませんが、そんなものすぐに捨ててください。
自分で自分の価値を最大限にアピールして、最大限の給料を勝ち取ってください。
あなたの価値はあなたが決めるんです。あなたの言い値です。

 

その「値札」と、あなたの「アピール」を見て採用する側が判断します。
判断するのは採用する側なので、応募者側があれこれ考えなくていいんです。
自分のことだけを考えてください。

 

自分と向き合い、自分をはっきりと伝えられる人が採用されるやすいです。
だから、「あなたの値札」を隠さずにはっきりと提示してください。
それが面接におけるあなたの役割です。

ブラック企業対策にも

実際、採用される側も内心では「これぐらい給料が欲しい」という思いは当然あると思います。

「お金は関係ない」
という意見は、一定の給料水準を超えている能力の高い人の考えです。

一定の金はいる!

にも関わらず、
「印象が良くない」
という思い込みから隠してしまう。

 

ぶっちゃけ、採用する側からすれば超イージーです。
採用する側も、会社や上司から「人材を集めろ」とプレッシャーをかけられています。
しかも、会社によっては「安く、多く集めろ」と言われているところもあります。

 

そんな会社からすれば、「お金」や「待遇」について聞いてこない応募者はネギをしょったカモです。
安い給料で、劣悪な待遇で雇って馬車馬のように働かせる。
ダメになればまた新しい人を引っ張ってこればいい。

 

お金の話をしない人ほど、優しく真面目な方が多い。
ブラックな環境でも必死に頑張ってしまう。

 

採用担当の私が断言します!
お金の交渉をすることは何も悪くない!何も恥ずかしいことではない!
ブラック企業を寄せ付けないためにも、お金や待遇の話はしっかりとしてください!

おわりに

いかがでしたか?

この記事が少しでも何かのお役に立てれば幸いです。

 

今日のまとめだ
まとめ
  • 「お金」「待遇」の話はしっかりする!
  • 『面接』は「自分を売り込む営業の場」
  • 『給料』は「自分と採用側の同意額」
  • ブラック企業対策にもなる!

 

では!

ABOUT ME
ゴマちゃん
ども、ゴマちゃんです!Twitter(@azarashibloh) 営業嫌いのトップ営業マンです! 常にトップ成績を出し続けるも、「やりたいことではない」「飽きた」と言っては転職を繰り返し、5年間で5回転職。 「やりたいことってどうやって見つけるん?」と悩みまくって、学習しまくってきた痕跡を残します。 その中で少しずつ見えてきたものも建前なしに書いていきます! こんなやつもいるんだ!こんな考え方もあるんだ!って誰かの参考になれたら嬉しいです! 座右の銘:とりあえずやってみる 大嫌い:満員電車、人混み、命令されること 大好き:歌うこと、創作活動 よろしくお願いします(^^)