面接

面接で「わかりません」とはっきり言ってしまおう!

ども、ゴマちゃんです!
今回は予想していなかった質問、答えが出てこない質問に対する対応の仕方をお教えします!
あれマジで焦るよね

登場人物紹介

ゴマちゃん
5年間で5回の転職をした社会不適合ジョブホッパー。
しかし営業成績は常にトップ。
現在、「営業部長」兼「採用責任者」。
YouTubeデビューを画策中。
座右の銘「とりあえずやってみる」

 

ミキちゃん
好奇心旺盛なゴマちゃんの親友。
彼女が笑えば周囲もつられて笑顔になってしまう。
食べることが大好き。
わがままスイッチが入ると手に負えない。
生粋の愛されキャラ。

 

 

「わかりません」とはっきり言う

面接で突然、予想もしていなかった質問ってされたことありますよね?
そりゃそうです。
無限にある質問パターンをすべて予想して、それに対する答えを用意していたらそれだけで人生終わっちゃいます。

だからと言って苦し紛れにその場で適当に答えてしまうと、一気に流れが悪くなることがほとんどです。
そんなつもりで言ったんじゃないのに!ということがありませんか?

面接では基本的に用意したもの以外は発言すべきではありません。
なので、「予想していなかった質問」「どうしても答えられない質問」に対しては無理に答えようとせず、はっきりと「わかりません」と答えてください。

えっ、ほんとに大丈夫なの?
ポイントは「わかりません」の後に話をすり替えることだよ

話をすり替える

「わかりません」という答えは”毒”にも”良薬”にもなります!

「わかりません」だけで終わると完全に”毒”ですが、その後に「ただ」という言葉を続けることで一気に”良薬”と変えてしまうことができます。

そして、ポイントは「話をすり替える」です。
自分の用意していたとっておきの答えに面接官を引きずり込むのです!
あまりにも関係のない答えではいけませんが、汎用性の高い『緊急用避難回答』を用意しておきましょう!

たとえば、

「あなたは昨今のAI技術の目覚ましい発展を通して、我が社の進むべき未来とそこに対するあなた自身の役割は何だと考えますか?」

という呪文のような質問がいきなり飛んできたとします。

これってラリホーの上位呪文だよね?

 

これに関する答えを全く用意していなかった場合、まずは焦らず落ち着いてゆっくりと間を置きます。

その後、

わかりません。ただ、私はいつの時代も『人間力』が非常に重要な要素だと考えています。これからの時代、誰も予測できない激動の時代に直面するかもしれません。それでも、いえ、だからこそ、人間が人間としての力をより試される時代になるのだと思います。私はまだまだ未熟者ですが、それを常に意識して行動し、成長し続け、どんな状況にも対応していける人材として御社に貢献していきたいと考えています!」

みたいな。

まったく質問には答えていないんだけれども、なんかそれっぽいこと言った感じになるよね。
間違いなく悪い印象にはならない。

 

こういった『緊急用避難回答』を一つは用意しておくと、本来はピンチに追い込まれるはずの質問が、一気にチャンスをつかみ取れるボーナスステージに変えることができます!

 

他記事から使えそうなネタをパクッていいぞ

おわりに

いかがでしたか?
「わからない」と言ってはいけないと思い込んで、自分をがんじがらめにしてしまっていませんでしたか?

大丈夫!はっきり「わからない」と言っちゃえ
そんなことで不採用にしてくる会社なんて行かない方がいい!
いや、誰っ!?

 

 

今日のまとめだ
まとめ
  • 予測していなかった質問が来ても慌てない。落ち着いて間を置く。
  • 「わかりません」とはっきり言う。
  • 「ただ」と続け、用意していた『緊急用避難回答』をねじ込み話をすり替える。

では!

ABOUT ME
ゴマちゃん
ども、ゴマちゃんです!Twitter(@azarashibloh) 営業嫌いのトップ営業マンです! 常にトップ成績を出し続けるも、「やりたいことではない」「飽きた」と言っては転職を繰り返し、5年間で5回転職。 「やりたいことってどうやって見つけるん?」と悩みまくって、学習しまくってきた痕跡を残します。 その中で少しずつ見えてきたものも建前なしに書いていきます! こんなやつもいるんだ!こんな考え方もあるんだ!って誰かの参考になれたら嬉しいです! 座右の銘:とりあえずやってみる 大嫌い:満員電車、人混み、命令されること 大好き:歌うこと、創作活動 よろしくお願いします(^^)