ゴマちゃんの雑談

自分の天職を見つける方法

ども、ゴマちゃんです!

 

「自分の天職って何だろう・・・?」
そんなことを考えたことがある人も多いのではないでしょうか?

そして今現在、
「転職したいけど、どうせ転職するなら天職と思える仕事に転職したい」(早口言葉か!)
と思っているなら、是非この記事を参考にしてみてください。

 

私も幾度も転職する中で、「自分にとっての天職とは?」を考え、悩んで動きまくった時期もありました。
だけど、「天職だ!」と思って始めた仕事は結局長くは続かないものばかりで、
反対に「自分には向いてないと思うんだけど・・・」と思いながらもとりあえずバリバリやってみた仕事は、振り返ってみたら「あれ?天職だったのかも?」となるパターンがほとんどでした。

 

そもそも何を持って『天職』と言うかですが、
私の考える『天職』とは「やる気を出せる仕事」「情熱を持って取り組める仕事」のことです。

 

そして、ここで大切なのは、先ほども言ったように「やる気が出たからバリバリ仕事をすることができる」のではなく、「とりあえずバリバリ仕事をしていれば、やる気や情熱が後から付いてくる」ということです。

え、じゃあとりあえず何でもいいからバリバリ仕事しろよってこと?

もちろん、そういうわけではありません。

「天職」とは、実は”ある条件の環境”で、とりあえずバリバリ働いていれば勝手に見つかるものなんじゃないかと思います。

なので正確には、「(やる気や情熱を感じることのできる条件を満たしている環境で)バリバリ仕事をしていれば、やる気や情熱は勝手に後から付いてくる」です。

 

つまり、求人票とにらめっこして、情熱を持てる仕事(天職)を探そうとするのではなく、情熱を感じることのできる条件を満たしている環境でバリバリ仕事をすればいいということです。

 

じゃあ、その「やる気や情熱を感じることのできる条件」って何?

ということで、情熱を感じることのできる条件は以下が重要だと考えます。

情熱を感じる条件
  • 努力ができる、成長できる環境であること
  • 結果や数値として前に進んでいる実感が持てる、フィードバックがある環境であること
  • 自分に裁量権があること

簡単に言えば、『裁量を持って働けて、努力や成長ができる環境で、その努力や成長が結果や数値に反映される(前に進んでいると感じれる)仕事をバリバリしていれば天職は見つかるよ』ということです。

 

 

以上、私が思う『天職の見つけ方』でした!

バリバリ働いて、人生を謳歌しましょう!

では!

ABOUT ME
ゴマちゃん
ども、ゴマちゃんです!Twitter(@azarashibloh) 営業嫌いのトップ営業マンです! 常にトップ成績を出し続けるも、「やりたいことではない」「飽きた」と言っては転職を繰り返し、5年間で5回転職。 「やりたいことってどうやって見つけるん?」と悩みまくって、学習しまくってきた痕跡を残します。 その中で少しずつ見えてきたものも建前なしに書いていきます! こんなやつもいるんだ!こんな考え方もあるんだ!って誰かの参考になれたら嬉しいです! 座右の銘:とりあえずやってみる 大嫌い:満員電車、人混み、命令されること 大好き:歌うこと、創作活動 よろしくお願いします(^^)