身体作り

太っている男はヤバい!!人生で損をしまくっている!?

ども、ゴマちゃんです!

 

『痩せたい』

『もっとスタイル良くなりたい』

 

そんなことを一度でも考えたことがある人は多いんじゃないでしょうか?

男性なら体の絞れている方がカッコいいし、爽やかでモテるし、仕事もできそうですよね!

でも、実は痩せている(体が絞れている)から得をしているのではなく、太っているから損をしているのだとしたら?

 

今ではダイエット情報は溢れかえり、痩せると話題のダイエットグッズは後を絶ちません。

それほど世の中の人たちは【痩せる】ということに関して敏感になり、興味を持っているということです。

また、これは裏を返せばダイエットに成功していない人たちも世の中に溢れかえっているということです。

 

では、なぜダイエットに成功しないのでしょう?

それは結局、『ダイエットを成功することで得られるメリット』を心の底から理解していないからではないでしょうか?

または、太っていると損をしているかもしれないという事実を知らないからです。

 

これを知れば、あなたもダイエットに本気で取り組むきっかけになるかもしれません。

 

 

太っていることのデメリット

 

まずは、太っているとどんなデメリットがあるのか確認していきましょう。

驚くほど多くのデメリットが存在します。

太っているということは、危険な状態に自分の身を預けているということ。

このリスクをしっかりと理解し、「ヤバい!」と本気で認識することがダイエット成功の秘訣です。

 

 1.病気・ケガになりやすい

 

なんとなく皆さんも認識している事実だと思いますが、

痛風、睡眠時無呼吸症候群、糖尿病や高血圧など多くの病気やガンのリスクを高めます。

そして一番わかりやすいのが、肥満は血管をダメにするということ。

肥満を放置していると血管を傷つけ、もろくし、動脈硬化を引き起こし、心筋梗塞や脳卒中を引き起こしやすくなります。

つまり、『死』を近づける要因となるのです。

目をそらさずしっかり認識してください。

さらに、私たちの身体は年齢とともに筋肉量や骨量が減り、身体を支える力が弱くなっていきます。

そこに【肥満】という負担が加わると、骨や関節への負担が大きくなり、腰痛や膝痛などの関節障害が起きやすくなり、骨折もしやすくなります。

 

できる男は、こんなリスク・デメリットがあるものを放っておくわけがありませんよね?

 

 2.闘争本能が失われる

 

意外と知られていないのが、

『肥満は闘争本能を鈍らせる』ということです。

闘争本能が鈍ると、目標達成意欲やチャレンジ意欲、運動意欲や恋愛意欲なども失われます。

つまり、魅力ある男から一番遠ざかっていくということです!

  • 仕事も恋愛もうまくいかない
  • 自信が持てない
  • 何か自分を変えたい

 

そう感じているあなたは痩せてみる、身体を鍛えてみることをおすすめします。

 

 3.第一印象が悪くなる

 

肥満は恋愛においても、ビジネスにおいても第一印象を悪くし、損をしています。

恋愛においては、「モテなさそう」な男はモテません。

女性は本能的に『強く、良い遺伝子』の男に惹かれます。

なので、視覚的に太っているというのは女性の目に良い遺伝子の持ち主とは映りません。

 

また、ビジネスにおいては『肥満=自己管理のできない人間』と見なされ、

優良企業と言われている企業ほど、見た目で判断する割合が高いと言われています。

あなたがどんなに優秀で素晴らしい経歴の持ち主でも、

雇う側にとっては、自己管理のできない人というマイナスイメージが付きまとってしまうのです。

そんなことで自分の思い描くキャリアを歩めないなんて願い下げですよね。

 

 4.収入が低くなる

 

これは上記にもあるように、優良企業ほど肥満者を雇わない傾向にあるからです。

優良企業=収入の高い企業であることが多く、その企業が肥満の人を敬遠することも大きく関係しているようですが、

「肥満の人は年収が低い傾向」なのか「年収が低い人には肥満が多い」のかは定かではありません。

どちらにせよ、肥満者には年収の低い割合が多いのです。

 

 5.そして何よりも健康は買えない

 

仕事をするのも、恋愛をするのも、すべては自分の身体です。

その身体が健康で高いパフォーマンスを発揮できなければ様々な機会を逃してしまうことになります。

チャンスを活かせる男が魅力ある素敵な男なのです!

健康はお金では買えません。

健康であることが魅力ある自分を作り、自分も周囲も幸せになることができるのです。

 

効率の良いダイエット方法

 

『めっちゃ損してるじゃん!!ヤバい、ダイエットしなきゃ!!』と思ったあなた。

素晴らしい!あなたは生まれ変わるための第一歩を踏み出しました。

あとは行動に移すだけです!

 

ダイエットに大切なことは、【適度な運動】と【適切な食事】です。

それぞれ見ていきましょう。

 

 ダイエットにおすすめの運動

 

ゴマちゃんだけに【水泳】をおすすめします!(冗談ではなく真面目に)

では、なぜ水泳かというと、

 

  • 膝や関節への負担が少ない
  • 水圧、水の抵抗が効果抜群
  • 全身運動で爆発的カロリー消費

 

という理由です。

水中で運動すること自体、運動強度が高く、

水中に入っているだけでも凄まじい水圧がかかるため、消費カロリーが高くなります。

なので、外でウォーキングするよりも水中ウォーキングをした方が倍の消費カロリーがあります。

 

ダイエットというとすぐにランニングや筋トレをイメージする方が多いと思いますが、

  • ランニングは関節への負担が大きい。肥満の人なら尚更。
  • 筋トレは常に限界を狙って筋肉に刺激を入れていかないと意味がないので気力がいる。耐えられず続かない。

 

という上記の理由でおすすめしません。

ダイエットは短期間で体重を落とすのではなく、長期間かけてじっくりと落とさなければなりません。

急激な減量は筋肉を落としているだけなので、リバウンドしやすく、痩せにくい身体を作ってしまうだけです。

なので、続けることのできる運動をする必要があります。

水泳だと高齢になっても続けることが可能ですし、長く付き合っていくことのできるスポーツでおすすめです。

 

 その中でも『平泳ぎ』が超おすすめです!

なぜ平泳ぎなのかと言うと、

「カロリー消費」「全身のほどよい筋トレ」の効率が一番良いから!

平泳ぎはゆっくりとリラックスして長時間行うことができるにも関わらず、

運動強度としては、外でのウォーキングの3倍、外でのジョギングの1.5倍もあります!

また、実は平泳ぎの運動強度は、クロールよりも高く、

70㎏の男性が1時間平泳ぎをするだけで、730kalも消費します!

すごい!!

ちなみに70㎏の男性が1時間ウォーキングをすると、220kcal。

70㎏の男性が1時間ジョギングをすると、510kcal。

 

そして、1kgの体重を落とすために必要な消費カロリーは7000kcalと言われています。

このカロリー数を運動で消費、または食事でカットすれば痩せるというわけです。

例えば、1時間の平泳ぎを週3回すれば、

1ヶ月で730kcal × 3日/週 × 4週間 = 8760kcal

となり、食事を変えなくとも1ヶ月で1㎏のダイエットに成功できる計算になります。

ここに毎日の摂取カロリーを100kcalだけ意識的に減らせば、

100kcal × 30日間 = 3000kcal

となり、運動と合わせて1ヶ月で1.5㎏のダイエットが可能です。

1日100kcalの摂取カロリーを抑えるだけなら簡単ですよね。

このように肉体的・精神的に無理なく継続して体重を落としていくことが、一番効率よく、かつ一番成功率の高い方法になります。

 

さらに、水泳は全身運動になるため、全身の筋肉が程よく鍛えられます。

女性の好きな身体No.1の細マッチョへの近道ということです!

ビジネスにおいても細マッチョは爽やかで頼りになる好印象を与えられます。

また、平泳ぎは普段使わない筋肉を刺激する運動が多いため、

より効率よく全身を鍛え、消費カロリーを引き上げることができます。

 

このように身体への負担や、消費カロリー効率から見て、

水泳、特に平泳ぎをおすすめします!!

大切なのは、リラックスをしてゆっくりと呼吸を行うことです。

そして、泳いだ距離よりも泳いだ時間の方が大事になってきます。

もちろん長距離を泳いだ方がカロリー消費はしやすいですが、

焦って力んでしまったり、苦しくて長時間続けられなくなっては意味がありません。

スイスイ水の流れを感じながら気持ちよく泳ぐのがコツです。

 

 適切な食事について

 

消費するのも大事ですが、摂取の仕方も大事です。

 

カロリーを摂るな!ということでは決してありません。

むしろ長期的な目線で考えれば、「食べない」というのはマイナスでしかありません。

 

女性の方に多いですが、『ダイエット = 食べない』というのは大不正解です。

身体が空腹を感じた際に、まず筋肉から溶かしてエネルギーに変えます。

脂肪じゃないんですよ!

じゃあ何のために蓄えてるんだよ!って感じですよね!

 

とにかく、食べずに空腹を感じれば筋肉量が落ちていき、

筋肉量が落ちれば、運動した際の効果も薄れますし、基礎代謝も落ちます。

基礎代謝は何もしなくても、呼吸をしているだけで1日に消費されるカロリーのことです。

 

さらに身体は「あんまり食事が摂取されないぞ!」と危険を感じた状態になるので、

生命維持反応として、少し食べたものでも脂肪として蓄え、安全を確保しようとします。

 

こうなったら負のサイクル、通称「おデブストリーム」の発動です。

痩せたいから食べない。筋肉量がどんどん落ちる。

⇒我慢できずに少し食べる。

⇒脂肪として蓄えられる。

⇒太ったからさらに食べない。

⇒運動しても痩せにくい身体にどんどんなる。

⇒食べていないから頭も身体もぼーっとする。でも結果が出ない。

⇒やる気なくなる。もしくは栄養不足とストレスで肌ボロボロ・ハゲまっしぐらになる。

 

こんな感じで良いこと一切ありません!!

 

まとめ

 

どうだったでしょうか?

太っていることは健康リスクを背負いながら、さらに人生においても損をしているかもしれません。

 

ダイエット成功者の多くは、強烈なナルティシズムや「見返してやる!」という復讐心のような強い原動力があります。

そのような強い気持ちをきっかけなしに自分で創り出すのは大変困難です。

でも、『痩せなければ損をしてしまう!』とわかれば強い気持ちを持ちやすいですよね!

 

適切な運動をじっくりコツコツと行い、適切な食事を少し心がけることで、

あなたの人生が大きく変わるきっかけになるかもしれません!

あなたのダイエットが成功しますように!!

ABOUT ME
ゴマちゃん
ども、ゴマちゃんです!Twitter(@azarashibloh) 営業嫌いのトップ営業マンです! 常にトップ成績を出し続けるも、「やりたいことではない」「飽きた」と言っては転職を繰り返し、5年間で5回転職。 「やりたいことってどうやって見つけるん?」と悩みまくって、学習しまくってきた痕跡を残します。 その中で少しずつ見えてきたものも建前なしに書いていきます! こんなやつもいるんだ!こんな考え方もあるんだ!って誰かの参考になれたら嬉しいです! 座右の銘:とりあえずやってみる 大嫌い:満員電車、人混み、命令されること 大好き:歌うこと、創作活動 よろしくお願いします(^^)