ゴマちゃんの雑談

『死ぬ瞬間の5つの後悔』から学ぶ「本当に生きたいと思える人生を送る勇気」

ども、ゴマちゃんです!

 

今回は、人間誰しも避けては通れない『死』の瞬間に後悔しないためにはどうしたらいいのかを考えてみようと思います!

病んでるわけじゃないから心配しないでね!

考え始めたきっかけ

どうして急にそんなことを考え始めたのかというと、とある書籍に出会ったのがきっかけでした。

 

その書籍が『死ぬ瞬間の5つの後悔』です。
簡単に言うと、著者は「ブロニー・ウェア」さんというオーストラリアの看護師さんで、数多くの患者を看取ってきた経験から、実際に死の床で聞いた5つの共通する後悔がまとめられたものです。

 

そこに書かれていた、死ぬ瞬間に後悔すること第1位が、

『他人の期待に応えようとするばかりの人生ではなく、自分が真に生きたいと思う人生を生きる勇気を持っていたかった』

というものでした。

 

「自分が何のために生きているのか?」なんて考えてもわからないし、そんなこと考えている暇があるなら目の前のことに集中した方がいいと思うから考えてこなかったんですが、それはまだ自分が『死』を身近に感じておらず、真剣に向き合う機会がなかっただけなのかなと。

 

死ぬ間際の自分をリアルに想像すると、
「自分の人生は何のためにあったのだろう?」
「自分はどう生きるべきだったのだろう?」
を考えずにはいられないなと思いました。

 

多くの人が後悔するということは、それだけ「自分の人生を生きる」ということは難しいことなのかもしれません。
それでもやはり、この1位の後悔から学ぶべきだと思いました。

死ぬ瞬間に「最高だった!」って絶対言いたい!

後悔しない人生を送るには

後悔しない人生を送るには、後悔の1位の逆、つまり「自分が真に生きたいと思う人生を生きる勇気を持つこと」だとわかりました。

 

じゃあ、なんで多くの人が「自分の人生」を生きれないんだろう?と考えると、そこにはやっぱり”周囲の目”が影響しているんじゃないかな。

 

でも、周囲の目ってコロコロ評価が変わるし、時代によってもコロコロ変わるし、そんな曖昧で自分でコントロールできないものならガン無視して、もっと自分の『最期の瞬間』から逆算した方が自分の人生にとって有益だという結論に私は達しました!

 

そんなことに無駄な時間とエネルギーを使うよりも、自分のたった一度の人生をもっと華麗に謳歌するための活力に使った方が死ぬ瞬間に「最高の人生だった!」って笑っていられるはず!

 

後悔しない自分の人生を生きるためには、自分の『死』をもっと意識するべきなんだと思う!!

なんか矛盾してるようだけどこれだな!

 

みんなで死ぬ瞬間に笑おうよ!!

では!

ABOUT ME
ゴマちゃん
ども、ゴマちゃんです!Twitter(@azarashibloh) 営業嫌いのトップ営業マンです! 常にトップ成績を出し続けるも、「やりたいことではない」「飽きた」と言っては転職を繰り返し、5年間で5回転職。 「やりたいことってどうやって見つけるん?」と悩みまくって、学習しまくってきた痕跡を残します。 その中で少しずつ見えてきたものも建前なしに書いていきます! こんなやつもいるんだ!こんな考え方もあるんだ!って誰かの参考になれたら嬉しいです! 座右の銘:とりあえずやってみる 大嫌い:満員電車、人混み、命令されること 大好き:歌うこと、創作活動 よろしくお願いします(^^)