面接

人材採用担当の私が「採用したい!」と感じる人の共通点

ども、ゴマちゃんです!

 

今回は人材採用担当の私が「採用したい!」と思わず感じてしまう人の共通点が見えてきたのでお伝えしていこうと思います。

あくまでも一人の採用担当の意見ですが、結構共感してくださる方は多いんじゃないかな~。

 

結論としては、『自分軸を持った人材』に私はとても惹かれます!

そのうえで、

  • 自分軸とは
  • 自分軸を持つ人材になるには

の2点について書いていきます。

 

それでは、いってみよう!

自分軸とは

まず、『自分軸』って何よ?ってところからお話していきます。

これは私が勝手に作った造語でして(すでに存在する言葉かもだけど)、意味としては大体皆さんの想像通り、「自分自身の判断軸となる基準を明確に持っている」ということです。
つまり、簡単に言うと『ハッキリとした人』です。

ハッキリするって意外と難しいんだよ。

一見バカらしく聞こえるかもしれませんが、これがビジネスの世界でできる人は多くないと感じます。
大人になるにつれて、社会人として時間が経つにつれて、偽りの自分が顔を出し始め、周囲の目や評価を気にするあまり自分軸がゆがみ始めるのだと思います。

面接の場となると特にその傾向が強くなり、受け答えに一貫性がなくなる応募者が多いのは紛れもない事実です。
「自分をより良く見せたい」と思う気持ちはわかりますが、そんなことをしても誰も得をしません。

本当に誰も得をしないから偽りの自分で面接の場に行くのはやめた方がいい!

もう一つ、受け答えに一貫性がなくなる人の共通点は「日頃から考えることをやめている人」です。
自分が何を「好き」だと感じ、何を「嫌」だと思ったのか、また「その理由」は何なのか?そこから導き出される「自分の判断軸」は何にすべきなのか?を問い続け、ブラッシュアップしていない人です。
何となく行動し、何となく受け答えをするから一貫性がないし、厚みもない。
働き先がなく途方に暮れてしまうのは、残念ながらこのタイプの人が多いのではないでしょうか。

考えることをやめたらあかんよ!

つまり、『自分軸』のポイントは以下になります。

  • 自分の判断軸となる明確な基準を持っている
  • 嘘偽りがなく、一貫性がある
  • ハッキリと答えられる

自分軸を持つ人材になるには

では、『自分軸』を持つにはどうすればいいのかと言うと、「自分の感じたことを無視せずに全部拾う」「なぜそう感じたのか自己分析をする」です。

先ほども書いた通り、『自分軸』を持つためには日頃から考えることをやめずに、自分の「好き」と「嫌い」を分析することが重要になります。
なぜなら、「好き」と「嫌い」の”理由”が明確になれば、どういう行動・環境・選択が「好き」なのか「嫌い」なのか判断したり予測することが可能になるからです。
つまり、それが判断軸となる明確な基準『自分軸』となるわけです。

なので、私のオススメの方法は、「メモをとる」ことです。
普段から「好き」「嫌い」と思ったことを、思った瞬間にスマホやメモ帳に書いておきます。
例えば、「満員電車は嫌」「目を合わせて挨拶されると嬉しい」など感じたことすべてを書いておきます。
そして、すきま時間や一日の終わりに、その理由を深堀りしていき、自分の「好き」と「嫌い」の基準を言語化していきます。
それを続けていると、だんだんと共通点が見えてくるはずです。
それがあなたの『自分軸』です。

最初は面倒に感じるかもしれませんが、メモと分析を続けていると「自分の知らなかった自分」がどんどん現れてきます。

めっちゃおもろいよ!

メモについては以下の記事も合わせて読んでみてください。

おわりに

いかがでしたか?

『自分軸』を持った人はどんな場面でも魅力的ですし、それはもちろん採用面接の場でも同じことです。

何かの参考になれば幸いです。

今日のまとめ!
まとめ
  • 『自分軸』とは「判断軸となる明確な基準」
  • 『自分軸』を持つために日頃からメモをとって「好き」「嫌い」を明確化
  • 「好き」「嫌い」の”理由”分析
  • ”理由”をもとに判断軸の言語化

では!

ABOUT ME
ゴマちゃん
ども、ゴマちゃんです!Twitter(@azarashibloh) 営業嫌いのトップ営業マンです! 常にトップ成績を出し続けるも、「やりたいことではない」「飽きた」と言っては転職を繰り返し、5年間で5回転職。 「やりたいことってどうやって見つけるん?」と悩みまくって、学習しまくってきた痕跡を残します。 その中で少しずつ見えてきたものも建前なしに書いていきます! こんなやつもいるんだ!こんな考え方もあるんだ!って誰かの参考になれたら嬉しいです! 座右の銘:とりあえずやってみる 大嫌い:満員電車、人混み、命令されること 大好き:歌うこと、創作活動 よろしくお願いします(^^)