就活・転職

転職するのは悪いこと?ジョブホッパーをしてわかったこと

ども、ゴマちゃんです。

 

私は5年間で5回の転職を行い、只今6回目の転職も視野に入れている、

いわゆるジョブホッパーです。

結論から言って、転職が必要ならどんどんすればいいと思います。

この世に正解なんてないのなら、自分がより良い条件・幸せを求めて動いていくことが不正解になることは絶対にないからです。

 

勇気がない、リスクなどが不安で動き出せないのなら、それはあなたの深層心理では「今の会社ちょっと嫌だけど、残っておいた方が得だな」と判断しているんだと思います。

ほんとに嫌なら動くしかないので。

 

さて、あなたは「ジョブホッパー」と聞いてどう思われましたか?

多くの方は、

「転職しすぎ!」

「根性ねぇな~」

と思ったかもしれません。

私も2年前まではそう思っていました。

自分のことを「根性のない、何か欠陥のある人間」なのかもしれないと。

 

それでも転職するたびに年収は増え続けていますし、営業スキルで他の人に負ける気はしません!(やべ、言いすぎた)

 

「とりあえず3年は仕事を続けろ!仕事の面白さがわかるのはそこからだ」

「すぐに転職するやつは根性がない。どこに行っても通用しない」

と頭にいつの間にか刷り込まれていたので、

「転職 = 悪、罪、逃げ、人生おわる」みたいに思っていました。(今思うと不思議・・・)

 

なので、初めての転職はすごく悩みましたし、不安でいっぱいでした。

親に相談しても上に書いたような「3年は続けなさい!」としか言われませんでした。(3回目の転職のときは絶望されました)

 

「どこにも雇ってもらえないかもしれない」

「もっと条件の悪いところにしか転職できなかったらどうしよう」

そんな不安しかありませんでしたが、今の会社に残り続けた将来の方が不安でした。

社内を見渡して、白髪だらけの30代、ストレスで咳が止まらない40代、いつもイライラしている50代、老人だけを狙って詐欺のような手口で契約を狙う60代。

朝から晩まで毎日働いて、みんな顔は死んでました。結婚もしていない人ばかり。

こんなおっさんになりたくない!と転職を決意しました。

 

今振り返って、あの時に決意して本当によかったと思っています。

人間、一度経験すると次からは全然怖くなくなります。

一度難しい決断ができれば次からは簡単に正しい決断ができるようになります。

成功か失敗かじゃなくて、こういう「経験」や「成長」に本当の価値があると思っています。

 

『動いた者勝ち』『失敗した者勝ち』と成功者はよく言っているような気がします。

この意味がよくわかります。

たくさん動いて、たくさん経験するということは、たくさん失敗する可能性が増えるということ。

それでも人生一度なら、いろんな経験をしておいた方がお得だと思いませんか?

どこまで自分が大きく成長できるのか見てみたいと思いませんか?

私は動いて(動きすぎて)、ジョブホップをしたからこのブログを書けています。

きっと動けばあなたにしか言えない物語ができるはずです。

私は私にしか語れない物語をたくさん作っていきたいです。

心に正直に突き進めば、きっと最後はハッピーエンドだと信じています。

 

「転職」なんて人生においては小さな分岐点だと思います。

そこでたとえ失敗したとしても、またやり直せばいいだけ。

モヤモヤした気持ちを殺すことだけは絶対にやめた方がいいと思います。

 

「転職するリスク」にばかり目を向けがちですが、「今の会社に残るリスク」があることも忘れないでください。

どちらのリスクをとるか。

私は次のステップに進むリスクをとりたいので、また心が叫んだらジョブホップします!

 

ABOUT ME
ゴマちゃん
ども、ゴマちゃんです!Twitter(@azarashibloh) 営業嫌いのトップ営業マンです! 常にトップ成績を出し続けるも、「やりたいことではない」「飽きた」と言っては転職を繰り返し、5年間で5回転職。 「やりたいことってどうやって見つけるん?」と悩みまくって、学習しまくってきた痕跡を残します。 その中で少しずつ見えてきたものも建前なしに書いていきます! こんなやつもいるんだ!こんな考え方もあるんだ!って誰かの参考になれたら嬉しいです! 座右の銘:とりあえずやってみる 大嫌い:満員電車、人混み、命令されること 大好き:歌うこと、創作活動 よろしくお願いします(^^)